今後のサラリーマンの働き方について

情報

私は休職するまで、まじめに生きてきたつもりです。


新卒で大企業に入ってほどほどに出世して高給取りになる…

そんなキャリアビジョンを、小学生の頃から描いてきました。


どうすれば大企業に入れて、安定した未来を手に入れられるのか。。。

そのことを人生の最優先にして生きてきました。


一番偏差値が高い高校や大学に入れたわけではありません。

しかし、大企業に入るために必要な学歴は得ることができました。

おかげで就職活動の時も、努力が報われる状態で臨むことができました。


大企業に入った後も、自分の未来のために必死に努力しました。

寝る間を惜しんで、嫌な仕事も笑顔でこなしました。


積極的にコミュニケーションをとるため、いろんな上司と飲みに行きました。

やりがいのある仕事を任せてもらうため、会社からの信用を少しずつ積み重ねてきました。



しかし、

いざ休職してしまうと、今までの努力がすべて水の泡になりました。


積み上げてきた信頼はなくなり、

出世は大きく遅れることになり、

高水準の安定した未来を、見出せなくなりました。


その時、私は思いました。


『今の時代、会社の仕事だけでは、安定した未来を手に入れることはできない。』


安定志向型の私にとって、大企業で出世を目指すだけというキャリアビジョンでは、大きなリスクがあることに気が付きました。


『会社の仕事だけに取り組む=一つの会社の株に全財産を投資する』ようなものです。

そんな危険な賭けは、したくありません。


より安定を手に入れるためには、仕事も投資も分散させることが必要です。


会社の仕事に全力で取り組み、空いた時間は自分で勉強しないと、今の時代を生き残っていくことはできません。


例えば、仕事で学んだことを、ブログやSNSなどでアウトプットすれば、定着度がまったく違うはずです。

そして、それがすべてコンテンツになり、自分だけの資産になります。


いざ、

転職したくなったり、
リストラされたり、
会社が潰れてしまったりしたとき、、、

20代ならなんとかなりますが、30代になってからや、家族が増えてからでは、選択肢がどんどんなくなってしまいます。


しかし、

自分だけのスキルや、資産さえ持っておけば、いざ会社を辞めたくなっても、悩まずにサクッと辞めることができ、自分の好きなことを始めることができます。


今後、定年するまで約40年、、、

一度も体調を崩すことなく会社の期待に応え続けなければと考えると、憂鬱な気分になります。

しかし、いつ辞めてもなんとかなると思えるだけで、気分が楽になります。


現在、私はいつ辞めてもいいという段階ではありませんが、復職後も資産は作りは続け、あらゆる収入源を得たいと思っています。


私の試行錯誤の様子は、引き続きブログやツイッターで発信していきます。


少しでもご参考になれば嬉しいです。


今後ともよろしくお願いいたします。

1対1メッセージご希望の方はお気軽にラインください!

友だち追加

必ず返信させていただきます!


今回の記事は以上になります。

ありがとうございました。

情報
スポンサーリンク
gettyblogをフォローする
ゲッティブログ

コメント

  1. アバター 有間 より:

    こんにちは。
    私は今、小売業に勤めています。タイトルにもなってるサービス残業をやってしまう人間です。
    真面目にやらなきゃという感じと、どこか冷めた感じの間で働いております。精神的、肉体的にも辛いと思うのに、休むことができません。最早諦めているのでしょうか。
    長々すみませんでした。

    • gettyblog gettyblog より:

      こんにちは。
      小売業をされているんですね!サービス残業大変ですよね。。。
      私も休職する前は、人前ではまじめ感を出していましたが、心の中はかなり冷めた状態でした。
      その状態が長く続いたのが精神的負担となり、休職することになったので、復職したら、無理にまじめ感を出すのはやめるつもりです。
      無理に飾らず、できるだけ自分の本音に従って行動し、合わなけらばまたすぐに休職するつもりです。
      私も試行錯誤している身なので、具体的なアドバイスができず、申し訳ありません。。。