あなたはサラリーマンに向いていない!3つの特徴

情報

お疲れさまです。

ゲッティです。

あなたは、自分がサラリーマンに向いていると思いますか?

世の中には色んな人がいて、色んな働き方があります。

当然ながら、サラリーマンという働き方に向いていない人だって、たくさんいるわけです。

決してその人が、社会不適合者という訳ではありません。

ただ、サラリーマンに向いていないだけです。


「働く」という方法は、サラリーマン以外にもたくさんあります。

人によっては、新しい働き方が向いている可能性もあります。

しかし多くの人は、自分がサラリーマンに向いていないことに、気がついていません。


いや…

「心のどこかでは気がついているけど、気づかないふりをしている」

と言ったほうが、正確かもしれません。


多くの人は、サラリーマンが出来なければ

「社会不適合者だ」

と、思い込んでいます。


しかし、実際はそんなことはありません。


むしろ、無理をして自分に合わない生き方をしている方が、よっぽど変です。

少しは耐えられても、何年~何十年ともなると、精神的&肉体的におかしくなります。


私のように体調を崩し、メンタルがやられてしまう前に、

まずは、自分がサラリーマンに向いているかどうか、考えてみましょう。

スポンサーリンク

1人で何でもやりたい人

1人で何でもやりたい人は、サラリーマンには向いていません。

特に大企業は向いていません…

会社内では基本的に分業が行われ、自分は一部にしか関わりません。

そのため多くの人と連携して、1つの仕事を終わらせる必要があります。


周りの人と連携をとって、協調性を持って仕事をするのが好きなら問題ありません。

しかし、1人ですべてをやりたい!他の人の任せられない!という人は別です。

サラリーマンではなく、自分でルールが作れて自由にできる自営業の方が良いです。


ちなみに、私がサラリーマンに疑問を持った時↓

スポンサーリンク

管理&指示されるのが嫌な人

上司は会社で、自分より権力があります。

自分より上の立場にいる人の指示に対して従順に従えないのであれば、サラリーマンに向いていません。


時には理不尽なことを、要求されることもあります。

そういった時に、自分の気持ちを押し殺して対応できる人は、サラリーマンに向いているでしょう。


上司のパワハラを受けてから、 「従順に従う」ということに違和感を感じます。

仕事は気楽に、一人でしたいものです。

どこの会社も、パワハラは必ずあります。

パワハラに耐えられないと、会社員は難しいかもしれません。

スポンサーリンク

八方美人になれない人

サラリーマンにとって、最も重要なことがあります。

それは、社内営業です。

上司や他部署とコミュニケーションを取り、自分を常にアピールする必要があります。

これは社内に敵を作らないことや、出世するためには必要不可欠なことです。

時には飲み会やゴルフなど、付き合いもあります。

私の会社では、飲み会はほぼ毎日、ゴルフも定期的にありました。

このような付き合いが嫌いな人は、サラリーマンには向いていません。


八方美人になれるのは、性格が大いに関係しています。

下記にいくつか当てはまる人は、働き方を変えてもいいかもしれません。

まとめると、

・一人で何でもやりたい人
・管理&指示されるのが嫌な人
・八方美人になれない人

これらの特徴を持つ人は、サラリーマンに向いていないと思います。



今回の記事は以上になります。

ラインをやっているので、お気軽に友だち追加してください。

友だち追加

復職まで残りわずか。

有意義に過ごしていきます。

コメント