希望勤務地への復職に向けて、会社と交渉しています

復職に向けて

お疲れさまです。

 

ゲッティです。

 

私のプロフィールはサイドバーをご覧ください。

 

今回は、復職に向けて、私が会社とどのようなやりとりをしているのか、書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

いつでも働ける状態なのに、復職できない

 

2018年7月から正式に傷病休職扱いとなりました。

 

基本的に毎日休みですが、2つやるべきことがあります。

 

1つは、週に1度、心療内科に通うことです。

 

幸い、休職してから体調を崩すことはなくなったので、体調に変化はないか様子を診てもらう程度です。

 

もう1つは、月に1度、上司に電話をすることです。

 

上司からは、体調はどうか、毎日何もして過ごしているのか、東京本社の事業部に復職できそうか、などを聞かれます。

 

私は「毎日読書や運動をして過ごしていて、体調は良くなってきましたが、東京本社の事業部には復職できません。」と伝えています。

 

復職できない理由は、6月末に、東京本社の事業部に復職できるか不安すぎて、体調を崩してしまったからです。

 

しかし、会社はどうしても、私を東京本社の事業部に復職させようとしています。

 

会社のジョブローテーションの一環で、4年目~6年目の若手総合職は、本社機構で働くことが良しとされているからです。

 

会社の希望=本社の忙しい事業部に復職、私の希望=地方の忙しくない部署に復職なので、完全に逆です。

 

そのため、10月現在も復職できず、傷病休職扱いとなっております。

 

いつ復職できるのか、未定の状態です。

 

※復職交渉に関する記事はコチラから

会社に毎月、診断書と手紙を郵送しています(6月分)
お疲れさまです。 ゲッティです。 私のプロフィールはサイドバーをご覧ください。 今回は、私が毎月会社に郵送している、手紙の内容について書いていきます。 診断書に手紙を同封 私は毎月、会社に診断書を郵送しています。 傷病休職している人なら、当たり前の話だと思います。 私の場合は、診断書に手紙を添えて送っています。 送付状ではなく、私の現状と要望をしっかり書いた手紙です。 診断書には概要しか載っていないので、補足のために手紙を書いております。 ※診断書の内容については別記事をご覧ください。 今回は、どんな手紙を送っているのか、その中身を書いていきます。 手紙の内容 私は6月上旬から会社を休んでいます。 6月は有休扱いで、7月2日から傷病休職扱いとなりました。 7月2日から復職できない旨の電話をしたのが、6月29日です。 その際に上司である室長から、「診断書を送ってほしい。」と言われました。 診断書だけでは言葉が足りないと感じた私は、手紙を添えることにしました。 6月29日に郵...

 

 

スポンサーリンク

毎月会社に診断書を送付している

 

月に1度、上司に電話をして、復職できない旨を伝えると、診断書を送ってほしいを言われます。

 

診断書があるおかけで、傷病休職扱いとなり、健康保険の制度で傷病手当金がもらえます。

 

しかし、診断書は月4000円かかっているので、大きな出費になっています。

 

傷病手当金は、一般的に月収の3分の2、期限は1年半です。

 

弊社の場合は福利厚生のおかげか、月収の9割、期限は3年半です。

 

会社によって違いがあるみたいなので、気になる方は社内規定等をご確認ください。

 

※具体的な診断内容についてはコチラから

心療内科によって、診断内容が全然違います
お疲れさまです。 ゲッティです。 私のプロフィールはサイドバーをご覧ください。 今回は、私が最初に行った心療内科について書いていきます。 診察の流れ 私は2つの心療内科を受診した経験があり、心療内科によって雰囲気や診断内容が全然違いました。 今回は、私が最初にいった心療内科の診察の流れと、診断された病名の症状について書いていきます。 心療内科の初診の流れは、カウンセラーと話した後、先生が診察して、薬をもらう感じです。 初診は再診より時間がとられるので、すぐに予約できるところはありませんでした。 20件ほど心療内科に電話をしましたが、1件だけ翌日で、他は早くて1週間先でした。 カウンセラーからは色々と質問を受けたので、このブログに書いてあるような内容を話しました。 そのカウンセリング内容を元に、先生が診察をしていきます。 効率よく先生が診察をしていくシステムですね。 恐怖症性不安障害とは 最初にいった心療内科の、「恐怖症性不安障害」「自律神経機能不全」と診断されました。 「恐怖症性不安障害」...

 

 

今回は以上になります。

 

ありがとうございました。

コメント

  1. ナイスミドル より:

    私はクラッシャー上司からのパワハラやモラハラなどで精神的にまいって現在休職を考えているので、このブログは大変参考になりました。

    そこで、特に傷病手当金の申請や申請からどれくらいでお金が振り込まれる(?)のかをブログで紹介して頂けましたら大変助かります。
    宜しくお願い致します。

    • gettyblog gettyblog より:

      そうだったのですね。。。
      ブログを読んでくださり、ありがとうございます!!
      そう言っていただけると励みになります。
      傷病手当金の申請はすべて会社に任せてあるので、私は何もやっていないんですよね。。。
      お役に立てずにすみません。
      ネットで「傷病手当金 申請 方法」で調べたら結構出できたので、それをご参考いただけたらと思います。