無駄な時間を過ごさない!6つの方法・考え方

情報

お疲れさまです。

ゲッティです。


今回の記事も、堀江貴文さんの著書である『自分のことだけ考える。』を参考文献として、私がツイートした内容をまとめたものです。

※本の詳細は画像をクリック


前回は、本の第1章【自分のことだけ考える】と、第2章【炎上される者になれ】 を取り上げました。

▼前回の記事はコチラ

『自分のことだけ考える』考え方・生き方5選
お疲れさまです。ゲッティです。プロフィールはサイドバーをご覧ください。LINE@やってます。年が明けたら、動画を配信していこうと思っています。ぜひ友だち追加をお願いいたします。今回は、堀江貴文さんの著書である『自分のことだけ考える。』を参考文献として、私がツイートした内容をまとめました。※本の詳細は画像をクリック前向きな言葉が並んでいるので、この記事を読んで、少しでも気持ちが楽になってくれたら嬉しいです。 自分のことだけ考える。人の目を気にして、自分だけ我慢してしまい、体調を崩したら本末転倒です。謙虚すぎる人は、まずは自分を第一に、自分ファーストで考えましょう。そういう意味では、アメリカファーストのトランプ大統領を見習いましょう(笑)ブラック企業なんて、すぐ辞めよう。ブラック企業に耐えてる時間が、一番無駄だと思います。世の中には会社は何百万もあります。同じ会社でさえ、職場環境が変わっただけで世界は変わるものです。異動の可能性がないブラック企業はさっさと辞めて、転...

今回は、本の第3章【無駄なものにふりまわされない心】についてまとめました。


無駄なものにふりまわされる=無駄な時間を過ごす』ことになってしまいます。。。

堀江さんの本には、無駄な時間を過ごさないために方法や考え方が多数載っております。

しかし、堀江さんの本は前向き過ぎて、精神疾患の人には合わないと思います。。。

なので、休職者である私の意見や考えを加えて、やさしい言葉にしてあります。

5分でサクッと読める分量ので、ぜひ目を通してみてください。


ラインもやっているので、いつでもご連絡ください!

友だち追加

スポンサーリンク

熱中しよう!没頭しよう!

堀江さんの本にも書かれていましたが、私も小学6年生のある日、一人であれこれ考え事をしていた時、急に『死』について考えてしまいました。

他の問題や悩みはなんとか解決できるものでしたが、『死』からは逃れることができません。

「自分もいつかは死んでしまう。。。」

その日から、暇さえあれば『死』について考えてしまいました。。。


しかし、大人になった今、死の恐怖から逃れる方法が分かりました。

それは、忙しく過ごすです。

何も考える暇がないくらい忙しく過ごすということです。

社会人になり、仕事が忙しくなってから、余計なことを考える暇がなくなりました。


ただ忙しいだけでも大丈夫ですが、少しネガティブな表現ですよね。

なので、時間を忘れるくらい何かに熱中・没頭できれば、なお良いです。

別に仕事でなくても構いません。

私も休職してから数か月は、余計なことをあれこれ考えていましたが、ブログとSNSを始めて、あえて忙しく過ごすことで、メンタルが安定してきました。

スポンサーリンク

他人に期待してはいけない

私は休職するまで、他人の期待に応えるためだけに生きていました。

他人から認めてもらうことを原動力に生きてきました。

他人から認めてもらうため、自分を取り繕っていました。


しかし、休職してから気付きました。

他人のために生きていても何の意味もありません。

それは他人の人生を生きていることになります。

仕事もプライベートも、自分の人生を生きるべきです。


休職してから、ブログとSNSで情報発信をしていますが、こんなにやりがいのあることはありません。

自分のメンタルを整えるためだけに、自分の本音をさらけ出しているのにも関わらず、たくさんのコメントをいただけて反響もあり、とても嬉しいです。

お金を稼げているわけではありませんが、とてつもない貢献感を感じることができます。


復職しても、情報発信は続けていきたいと思います。

スポンサーリンク

陰口を言われない人間はいない

人はどれだけ善人でも、2割からは嫌われます。

なので、誰でも陰口を言われる可能性はあります。

いや、ほぼ全員の人が言われているでしょう。


事故だって、どれだけ安全に気を配っていても、100%安全はありえません。

事故に遭うときは、誰だって遭います。


なので、いちいち気にしてはいけません。

これの対処法は、『死』の恐怖から逃れる方法と同じです。

熱中 or 没頭

それでも気になってしまう時は、陰口の言っている人から離れることです。


私も異動願いを出していましたが、間に合わなかったので、休職という選択をしました。

スポンサーリンク

自分ができることだけに集中する

私も休職してすぐは、できないことばかりでした。

しかし、本だけは読める状態だったので、うつ状態を克服するための本をひたすらインプットしました。

おかげで少しずつ元気になり、それをブログやSNSでアウトプットすることでさらに元気になり、、、と今では好循環です。


まずはツイッターを始めてみて、より長文を書きたくなったらブログがオススメですね。

インスタグラムは写真や画像が必要なので、少し面倒でハードルが高いです。


文章を書くのもストレス発散になりますが、一番は喋ることです。

なので近々Youtubeを始めるつもりです!


焦らずゆっくり一つずつ、やっていきます。

スポンサーリンク

世間体&常識に縛られてはいけない

自分の人生の中で、邪魔なものランキングがあるとすれば、1位は世間体です。

世間体に縛られまくっていたせいで、私は生まれてから何も挑戦してきませんでした。

とにかく無難な人生を送ることに全力でした。

おかげで安定した無難な人生を手に入れたつもりになっていましたが、実際はそうではありませんでした。


休職してみて、世の中に安定などないと悟りました。

一つの会社に自分の時間をすべて捧げるのもリスク。。。

嫌なことをしてもリスクがあるなら、どうせなら楽しいことをしたい。

これから私は、自分の人生を豊かにするため、自分がやりたいことをメインにします。

スポンサーリンク

会社の言いなりになってはいけない

『会社はために』という考えは捨てましょう。

会社はあくまで、自分の人生を豊かにするために手段。

こちらが利用しているだけです。



今回の記事は以上になります。


無駄なものにふりまわされず、時間を無駄にしてはいけません。

自分のことだけ考えて、自分の人生を豊かにしましょう。


ここまで読んでくださり、ありがとうございました。


▼続きはコチラから

なぜあなたは緊張に負けてしまうのか?緊張しない6つの方法・考え方
お疲れさまです。ゲッティです。なぜあなたは緊張に負けてしまうのか?堀江さんの著書『自分のことだけ考える。』第4章目次の言葉です。※本の詳細は画像をクリック今回は、この第4章を参考にして、緊張しないメンタル術をまとめました。 ※前回は、第3章【無駄なものにふりまわされない心】についてまとめました。あがり症は、ただの心配性だ社会は人間のネットワークでできています。生きていくためには、人と接することは避けられません。私は大勢の人の前で話そうとすると、とても緊張してしまいます。もちろん、上手く話すことなんてできません。大勢から視線を向けられると『怖い』と感じてしまい、全身の筋肉が萎縮してしまうのです。私と同じような人は、下記を参考にしてほしいです。これでネガティブな感情は、少しおさまるはずです。私も少しマシになりました。そして、気持ちを落ち着かせることができたら、あとは十分準備をしましょう。緊張しないくらい、心配や不安をできる限りなくしていきましょう。できれば手を動かしたり、体を動かしたり、忙しく過ごしましょう。そうすれば、不安に思...
情報
スポンサーリンク
gettyblogをフォローする
ゲッティブログ

コメント