サラリーマン必見!うつ状態にならずに生きていく唯一の方法

働き方
スポンサーリンク

お疲れさまです。

ゲッティです。



毎日の仕事で消耗している、サラリーマンの方々へ。

休職している私にとって、働いている方々は尊敬の対象です。



働いていると、日々ストレスが溜まっていきます。



楽しく働けていたら、適度なストレスがかかるだけで、休日でうまく発散できるかもしれません。

しかし、上司のパワハラを受けてしまうと、異常なストレスがかかってきます。

休日だけでは発散できずに、休職したり、うつ状態になったりします。



そんな中、上司のパワハラを受けても、うつ状態にならない方法があります。



それは、定期的にカウンセリングを受けることです。



カウンセリングは、精神が病んでいる人だけが受けるイメージがありますが、実際はそうではありません。

人によっては、メンタルを強くするために、カウンセリングを受けている人もいます。

私もその一人です。



スポーツ選手にメンタルトレーナーがいる感覚で、私にも専属のカウンセラーがいます。

カウンセラーに定期的に相談できていれば、うつ状態になる前に、冷静に対処することができます。



今回は、私がカウンセリングを受けるようになったきっかけと、カウンセラーについてご紹介します。

スポンサーリンク

カウンセリングを受けようと思ったきっかけ

みなさんご存知だと思いますが、私は上司のパワハラが原因で休職しました。

自分では気付いていませんでしたが、私は上司のパワハラのせいで、心に傷を負っていたようです。

傷というのは、トラウマとかの類ではなく、考え方のクセです。

考え方にクセ(認知の歪み)がついてしまい、ネガティブ思考になっていました。



休職中は、仕事というストレスがない生活だったので、何もわかりませんでした。

しかし、復職して仕事というストレスがかかって初めて、自分の思考にクセであることに気が付きました。



そもそも、「目標がなければ頑張れない」というのも、認知の歪みです。

極端な考え方をしてしまっているので、メンタル的には良くないことです。



休職中に、認知の歪みを治すトレーニングをしておくべきでした。



こういった反省から、産業カウンセラーの元で、認知の歪みを治すメンタルトレーニング(カウンセリング)を受けることにしました。

現在では、何事も前向きに捉えられるようになってきました。

スポンサーリンク

産業カウンセラーとは

なぜ再休職してしまったのか。



それは、休職中にカウンセリングを受けなかったからです。



カウンセリングは、うつ状態の気持ちを楽にするために、受けるものだと思っていました。

しかし、カウンセリングの本来の目的は、メンタルを強くするために受けるものです。



休職したことがない方も、メンタル強化のために、カウンセリングはおすすめです。

スポーツ選手にメンタルトレーナーがいるように、サラリーマンにもメンタルトレーニングは必要です。



いつでも良いパフォーマンスを発揮するために、メンタルを安定させることが大切です。

メンタルトレーニングを続ければ、きっと自信がついて、胸を張って働くことができるはずです。



サラリーマンに必要なメンタルトレーナーは、産業カウンセラーです。



会社によっては、産業カウンセラーを外部に委託したり、専属で雇ったりしているところもあるみたいです。

どの会社にも、産業カウンセラーは必須ですね。



私も新入社員の頃から、産業カウンセラーのカウンセリングを受けてメンタルトレーニングをしていたら、いざパワハラに遭っても休職せずに、冷静に対処できていたはずです。

休職率や退職率が下がれば、会社にとっても非常に良いことです。



メンタルが回復したら、仕事をしつつ、産業カウンセラーの資格をとります。



そもそも、産業カウンセラーとは?

産業現場を中心に活躍し、働く人たちが抱える問題を自ら解決できるよう、心理的な手法を用いて支援するカウンセラーです。

一般社団法人 日本産業カウンセラー協会 HPより一部抜粋

産業カウンセラーの仕事内容を知ったとき、私の天職だと思いました。



上司のパワハラを自ら解決できずに休職、、、

この経験をした私だからこそ、働く人の力になれると確信しています。



しかし、自分が産業カウンセラーとして活躍できるのは、まだ先の話です。

今の私にできること、それは下記の2つだと思っています。


・情報発信で産業カウンセラーの認知度を高めること

・気軽に産業カウンセラーに相談できる仕組みを作ること


産業カウンセラーの認知度を高めたい

私もつい最近まで、産業カウンセラーという仕事を知りませんでした。

もっと早くに知っていれば、頼りたかった存在です。



ひたすら情報発信を続けて、認知度を高めていきます。

産業カウンセラーに相談できる仕組みを作りたい

産業カウンセラー専門で生きている方は、とても少ない印象です。

私もネットで調べましたが、専門でされている方はほとんどいません。



もちろん私が産業カウンセラーとなって、ひたすらカウンセリングを受けるのもいいですが、それでは限界があります。

そこでまずは、会社内で気軽に産業カウンセラーに相談できる仕組みを作ります。



上司や産業医とは違って、何の利害関係もない産業カウンセラーを外部に委託するか、雇います。

調べてみると、某大手IT企業や多くベンチャー企業で、産業カウンセラーを雇っているみたいです。



これからは、どの会社にも必要な人材だと思います。



産業カウンセラーによるメンタルトレーニング講座の受講は必須、三か月か半年に一度は産業カウンセラーのカウンセリング必須、みたいな仕組みができれば、休職率と退職率は劇的に減るはずです。

スポンサーリンク

まとめ

話が脱線してしまいましたが、今回の記事をまとめると

悩んでいるサラリーマンは、産業カウンセラーに相談しよう!

ということです。



産業カウンセラーは、働く人の味方です。



産業カウンセラーに定期的に相談し、メンタルトレーニングを積んでいれば、仕事でうつ状態になることはないでしょう。



私も引き続き、メンタルトレーニングを頑張ります。



今回の記事は以上になります。

ラインをやっているので、お気軽に友だち追加してください。

友だち追加

メッセージいただけたら、必ず返信させていただきます。

ありがとうございました。

働き方
スポンサーリンク
gettyblogをフォローする
メンタルポート 

コメント

タイトルとURLをコピーしました