休職中の過ごし方~快適に過ごすための5つの方法~

情報

お疲れさまです。

 

ゲッティです。

 

プロフィールはサイドバーをご覧ください。

 

 

今回は、休職中を快適に過ごすための方法を5つご紹介します。

 

スポンサーリンク

休職という経験を味わう

 

 

休職という経験は誰でもできるものではありません。

 

私は、休職を人間的に成長するための一つの試練だと考えるようにしました。

 

休職とじっくり向き合ったおかけで、あらゆる価値観を受け入れられるようになりました。

 

すると自然と心もひらけ、精神疾患も少しずつ回復していきました。

 

休職という経験をじっくり味わえる心を養いたいものです。

 

 

スポンサーリンク

自分と徹底的に向き合う

 

 

私も休職している自分が嫌いな状態でした。

 

しかし、このツイートをした後、過去と現在の自分と徹底的に向き合いました。

 

すると、将来やりたいことが見えてきて、それに向かって活動することできるようになり、休職中の自分を受け入れられるようになりました。

 

今では、お金をもらいながら好きなことをやれているので、この休職期間がずっと続いてほしいと思ってしまっています(笑)

 

それくらい堂々と過ごせるようになると、休職期間はとても快適です。

 

 

スポンサーリンク

定期的に心療内科に通う

 

 

休職している人なら当たり前ですが、心療内科には定期的に通いましょう。

 

私も定期的に通っています。

 

特に問題なく元気な時も、月に3~4回通うようにしています。

 

休職中はどうしても人と会う機会が少なくなります。

 

元気になる特効薬は、人に話を聞いてもらうことです。

 

主治医やカウンセラーに定期的に気持ちを吐き出すようにしましょう。

 

それだけで頭の中の整理ができ、心のつっかえがとれるはずです。

 

 

スポンサーリンク

人の役に立つ経験をする

 

 

休職中は基本的に、人のお世話になってばかりです。

 

それが続くと、自分は人に迷惑をかけてばかりと考えるようになり、自己嫌悪に陥ってしまいます。

 

そこで、とても効果的なのが、貢献感を得ることです。

 

休職中にどうすれば人の役に立てるか、色々と考えました。

 

ボランティアをしようか考えましたが、外で活動できるほどの元気はありませんでした。

 

そんな時に、休職者のブログを読んで私自身励まされたのを思い出し、私もブログやSNSで情報発信しようと決めました。

 

パソコン知識がほぼゼロの私にとって、ブログ開設は非常に困難でした。

 

ネットで調べて試行錯誤しながらブログサイトを作り、完成した時にはかなりの達成感がありました。

 

このブログやSNSで私の経験や考えを発信することで、心の整理ができ、コメントもいただけて、とてつもない貢献感を得ることができました。

 

ブログ・ツイッター・インスタグラム・電子書籍を見てくれている方々には本当に感謝しております。

 

近々YouTubeも始める予定なので、ぜひ見ていただけると嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

堂々と遊びまくる

 

 

休職してすぐは、休んでいることへの罪悪感からか、何も手につきませんでした。

 

そんな私も、休職を味わい・自分と向き合い・心療内科に通い・貢献感を得ることで、自分に自信を持てるようになりました。

 

いつの間にか罪悪感はなくなり、堂々と休職生活を謳歌できるようにまでなりました。

 

今では毎週飲み会の予定を入れ、何度も山形に足を運んでいます。

 

「休職中だから…」ではなく「休職中だけど何か?」

 

それくらいの気持ちになれば、きっと快適な休職ライフを送れるはずです。

 

 

 

以上になります。

 

少しでもご参考になれば嬉しいです。

コメント