仕事が泣くほど辛い時の対処法。泣いてばかりでも弱虫じゃない

職場の人間関係

仕事が辛くて、頻繁に泣いてしまう。他にも泣きながら仕事してる人、いるのかな?泣いたときの対処法も知りたい。

このように悩んでいる方に向けて、この記事を書いています。

こんにちは。
金融機関に8年勤めていたろっこりぃと申します。

現在はライターをしながら、職場の人間関係について、Twitterやブログで情報発信をしています。

私はかなり泣き虫で、仕事中はなんとか涙をこらえるものの、緊張が解けた車の中で号泣しながら帰ることが多々ありました

そんな私が主張したいのは、「泣く=自分の体が、限界を知らせる合図」ということです。

貴重な合図を無視して、当たり前のように泣きながら仕事を続けていると、体への悪影響を及ぼしかねません。

私は、うつ病にはならなかったものの、何度もストレスによる過呼吸や血尿に悩まされました。

人が泣くことには、必ず理由があります。
自分が泣く原因をしっかり見極め、早めに次の行動を起こさなければ、治りにくい心の病に陥ることもあるでしょう。

この記事では私の体験談を交えながら、泣いたときおすすめの行動や思考法を紹介します。「自分がなぜ、泣くのか」ということに、向き合ってみましょう。

スポンサーリンク

泣いてしまう4つの原因

仕事がツライと感じる背景には、このような原因があります。

仕事がツライ原因
➀人間関係が悪すぎる
➁長時間労働&低賃金
➂キツイノルマ


そして仕事で「泣いてしまう原因」は、主に以下の4つです。
これまで、どんなシーンで泣きそうになったか、思い出しながら読み進めてください。

特に、「恐怖」によく当てはまる方は注意が必要です。

失敗による「申し訳なさ」

自分がミスしたことで、職場の人やお客さんに迷惑をかけてしまった…申し訳ない…

自分の失敗で他の人の時間を奪い、労力を掛けさせてしまったら、申し訳ない気持ちでいっぱいになりますよね。

もし相手を怒らせてしまったら、その気持ちはさらに膨れ上がるでしょう。

「なんであの時、気づかなかったんだろう…」
「なんでもっと、確認しなかったんだろう…」

ミスを犯した自分を責め、思わず涙がこぼれます。

できない自分への「悔しさ」

頑張っているのに、全然うまくいかない。悔しい…

一生懸命努力しているのに、結果が出ないどころか、失敗してばかり。

「他の人はできてるのに、どうして自分だけ上手くいかないの?」

「なぜあの人は頑張っていないように見えるのに、上手くいくの?」

できない自分が嫌いで、情けなくて、涙が溢れます。

私は金融機関時代、自力で契約を集めることができず、母親から保険の申込をしてもらったことがありました。

絶対に親に頼らないと決めていたにも関わらず、母親にお金を出させてしまったことが悔しくて、涙を流しながら謝りました。

目標や責任の重さによる「苦しみ」

ノルマを達成しなければ、怒られるし立場が無い。
この仕事を成功させなければ、大変なことになる。

もう苦しいよ…いつまで頑張ればいいの?

仕事は頑張れば頑張るほど、責任が増えていくもの。
責任の重さに耐えられず、じわじわと涙が出ることはありませんか?

私が金融機関に勤めていた頃、必死な思いで今期の目標を達成したのに、次の月にさらに高い目標を与えられることの繰り返しでした。

終わりの来ないノルマ地獄で、生きた心地がせず、逃げ出したいという気持ちから泣いてしまう事がありました。

パワハラなどの「恐怖」

上司やお局さんが怖い…。

自分の発言や行動を否定され、怒られる。

上司に、思い切り怒鳴られたり、自分のことを否定されたりすると、萎縮して、思わず泣きそうになりませんか?

上司のパワハラや、お局の威圧感などによる恐怖感から涙が溢れる方は、このまま同じ状態が続くと、心や体に悪影響を及ぼす心配があります。

私の夫は、女性上司からひどいパワハラを受けていましたが、もともと涙をあまり流さないため限界が分かりづらく、気がついたらうつ状態になっていました。

涙が流れることは、自分の限界を知らせる合図

せっかく流れた涙を無視せず、早めに行動することが大切です。

泣いた時におすすめの行動・思考法

涙が出たとき、何を考え、どのような行動をとっていますか?

どうせ自分なんか…
なんてだめな人間なんだ…
自分が嫌い…!しくしく…

このように、涙を流しながら、自分を否定していませんか

私もよくやってしまうのですが、否定してさらに自分を追い込んでしまうと、なかなか泣き止めないどころか、メンタルが不安定になってしまいます。

泣いたときは、できるだけ前向きになれるような行動や考え方が大切です。

おすすめ対処法を、マンガで3つ紹介します。Twitterで発信したところ、とても多くの方に共感いただけました。

鏡を見て褒める

車の中や自分の部屋で、人知れず泣いてしまったとき、鏡で自分の顔を見てみましょう。

自分を客観視して、「よく頑張ったね」と褒めてあげると、気持ちが落ち着きます。

「涙が出る=自分が弱い」と思わない

「涙が出る=自分が弱い・情けない・格好悪い」このように思うのは、やめましょう。

自分の体が、あなたを褒めているから、涙が溢れるのです。

泣いた原因を真剣に考える

涙を流した原因は、上記で紹介した「申し訳なさ」「悔しさ」「苦しみ」「恐怖」の、どれに当てはまりますか?もしくは、ただただ「悲しい」のかもしれませんね。

涙の原因と向き合わなければ、ただの泣き損です。

せっかく流した涙を、大切にしましょう。

限界だと思ったときの対処法

職場の人間関係やノルマのキツさなど、涙が出る原因を改善するのは困難だと思ったら、そのまま放置してはいけません。

とくに人間関係で悩んでいる場合、人は簡単に変えられないので、状況を良くするのは難しいでしょう。

とるべき対処法として挙げられるのは、以下の3つです。

心療内科へ行く

強いストレスを受け続けると、今の心が正常か、自分で判断できなくなることがあります。自分の限界以上に頑張ってしまうと、うつ病になるかもしれません。

そうならないように、早めに心療内科で相談することが大切です。

心療内科とは、心のケアをするためのクリニック。内科や歯科のように、気軽に訪れるイメージがないことから、行くことをためらう方が多いと思います。

しかし心療内科は、心が弱っている方なら、どなたでも訪れていい場所です。

私の夫は、パワハラ上司に悩んでいた時期があり、心療内科で見てもらったところ、適応障害と診断されました。

適応障害とは、特定の場所(パワハラ上司のいる職場など)にいるときに、うつ病のような症状があらわれるものです。

心療内科に通うことで完治しましたが、放っておいたら、本格的なうつ病を発症する恐れがあったので、早めに訪れて本当に良かったと思います。

休職する

限界とはいえ、せっかく頑張って入社した企業を辞めるのは、勇気がいるものです。もしお勤めの企業に休職制度があるなら、利用を検討しましょう。

休職することで、慌ただしい毎日から解放され、「このまま仕事を続けたほうが良いか、転職するべきか」ゆっくり考えられます。

私の夫が休職したときのエピソードを、こちらの記事にまとめていますので、よかったら参考にしてください。

上司のパワハラで休職した話【うつ状態になりました】
お疲れさまです。ゲッティです。今回の記事は、上司のパワハラが原因で、休職するまでの出来事を書いていきます。全体の流れについて、まずは以下の動画をご覧ください。ある日、会社に行けなくなった2018年5月中旬のある日、仕事から帰ってくると、いつもより体が重く感じました。晩ご飯を食べていませんでしたが、お腹は減りませんでした。お風呂に入る元気もなかったので、そのままカーペットで横になりました。そのまま何時間か眠ってしまい、夜中に目が覚めました。いつもなら、すぐに起きて、お風呂に入り、翌日の仕事の準備をしてから、ベッドで横になります。しかし、今日は起きることができません。「このまま起きて、お風呂に入って、明日の仕事の準備をしてしまったら、明日仕事に行けてしまう。だから起きたくない。」この思いが頭を支配してしまい、体が動かなくなってしまいました。「会社に行きたくない。」とは毎日思っていましたが、「会社に行きたくないから、起きたくない。お風呂に入りたくない。」とまで思うようになっては、もう限界だと思いまし...

転職する

もう、転職しましょう。

涙を頻繁に流すということは、自分が悪いのではなく、その職場が自分に合っていないのかもしれません。

「上司や職場から逃げた・負けた」などと考えるのではなく、「捨てる」と考えると、前向きな気持ちで転職に進めます。

なお転職する際は、転職サイトを眺めるだけではなく、転職エージェントを利用することがおすすめ。

転職エージェントとは、自分に担当者が付き、自分に最適な企業を紹介してもらえらり、履歴書や職務経歴書を添削してもらえたりするサービスです。

無料で利用できるうえ、企業選びのコツを教えてもられるので、転職による失敗を防げます。

リクルートエージェントを利用した際の体験談をまとめたので、よかったら参考にしてください。

【リクルートエージェント/東京の体験談】おススメする理由・面談内容について
リクルートエージェントを利用して良かった事やおススメポイント、面談時の具体的なアドバイスについてまとめました。どの転職エージェントを利用しようか迷っている人やリクルートエージェントを利用した感想が聞きたい人はぜひご覧ください。

まとめ

以上、泣いてしまう原因や、その対処法を紹介しました。少しでもお役に立てれば幸いです(^^)

このブログは夫婦で運営しており、主に職場の人間関係について発信しています。

私のTwitterでは、マンガやイラストを用いて、人間関係が楽になるコツや、元気になる言葉を紹介していますので、ご覧いただけると嬉しいです。

ここまでお読みいただきまして、どうもありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました